跳至主要内容

歯科用ホワイトニング装置の選択を迷う方へ

歯科ホワイトニングは、ホワイトニングジェルの反応により着色成分が分解されることによって起きます。ホワイトニングジェルの成分(過酸化水素や過酸化尿素、酸化チタン反応物)が有機性着色物質を分解し、低分子の無色にさせることにより漂白作用が発現します。

 しかし、ホワイトニングする際に、必要なもの、どのようにホワイトニング装置を選択する、という迷う方がいます。今日は少しご紹介させていただきます。

 歯を漂白するため、まず、ホワイトニング薬剤が必要です。現在の市場には過酸化水素、過酸化尿素、酸化チタン、ポリリン酸等という成分の薬剤があります。どちらでもいいです。次は薬剤の成分を分解されるホワイトニング照射器が不可欠です。それから口を開けるものマウスオプーナが必要です。最後、ホワイトニング前後の効果を比較するためシェードガイドも必要です。

 弊社にはホワイトニングする時必要な商品が全部取扱っています。照射器のパワーが強いほど強ければホワイトニングの効果がより良いですので、オフィスホワイトニングやサロンにはパワー強いLED照射機をお選びください。よく売れられているものを順番でお勧めさせていただきます。

1. Saab®歯科用ホワイトニング装置・セルフホワイトニング用機器 KY-M208A(土台付き)
特徴:
*8個のLEDバルブ搭載、40ワットのパワー、魅力的な外観を持っています。
*安全設計で、患者と歯医者の安全を確保することができます。
*発熱が少なく高い安全性を持った最新式の青色LEDを採用されます。
*全方向回転アーム設計で任意な位置でも使い可能です。

2. Saab®LEDホワイトニング照射器・セルフホワイトニング機器KY-M209A-1
特徴:
*6個LEDライト搭載、33ワットのパワー、デジタルサウンドのLED表示、操作性に優れたコントロールスイッチ、操作便利になります。
*フロアスタンドデザイン、ベースの下に移動とロック可能なキャスターが5個有り、精巧な外観設計、狭く空間でも快適に使えます。
*光源には青色LED冷光を採用し発熱が少なく、患者さんにやさしいホワイトニングを実現します。

3. Magenta®LEDホワイトニング照射器・セルフホワイトニング機器MD666(カメラ機能付き)
特徴:
*7inchタッチスクリーンを搭載し、操作はより便利になる新式のホワイトニング装置です。
*4つの光源モードを搭載:ブルーライト、レッドライト、ブルー+レッドライト、ブルー+バーブルライト
*作動停止してから60秒後、自動的に省電力モードに入ります。
*口腔カメラ機能付き、ホワイトニング前後の写真を比べ直観的にホワイトニング効果を患者さんに示す可能です。

Magenta®LED歯科用ホワイトニング機械MD666

评论

此博客中的热门博文

ハンドピース歯科用については、よく知っていますか

ハンドピースといえば行内の誰でもよくご存じると思います。ハンドピーは歯科治療には欠かせない大事歯科器具の一つといっても過言ではありません。ハンドピース、またの名はタービン、多く分けておくと高速ハンドピースと低速ハンドピースと二種があります。そして高速ハンドピースは一般的に研磨や模型などに用いられますが、高速ハンドピースは回転速度が低いため、よく口腔内の治療に用いられます。そして低速ハンドピースのほうはコントラとアングルがあります。


今日は、ハンドピースについていくつかの注意点についてお話します。


1.注油

ハンドピースにとっては、注油がとても大事なメンテナンス手順とされます。一般的には、ハンドピースを消毒前に注油することがお勧めします。4ホールのハンドピースの場合は、二番目の大きいホールに注油してください。そして2~3滴で結構ですので、それ以上はおすすめしません。



2.円滑剤

間違いないでね、円滑剤は注油のオイルとは全く違うものです。オイルはベアリングを円滑するもので、円滑剤はベアリングの掃除用ものです。毎度の治療後、ハンドピースの中にはいろいろ屑のようなものが残していて、それらの屑を全部除去するには、円滑が必要です。円滑剤はまた歯科専用洗剤とも広く知られていますが、オイルと似ています。


3.駄目なバーを使用しない

駄目のバーはハンドピースにとっては最大な危険だと思います。バーが不適当出ある場合は、チャックのことに大変損になります。国際標準のバーの外径1.59mm~1.60mmです。バーのことが一旦摩損しますと、すぐ交換する必要があります。



 皆も知っていると思いますが、ハンドピースが稼働していない場合は、できるだけ購入時に付属したバーを入れてください。もし仕事中ハンドピースが力入れなくなった場合は、バーのことを考えて交換することも考えてください。

関連製品:
https://www.oyodental.jp/category-1011-b0-%E6%AD%AF%E7%A7%91%E7%94%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9.html

https://www.oyodental.jp/category-1017-b0-%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E…

歯科用高速ハンドピースメンテナンスについて

滅菌と洗浄方法

































注油方法高速ハンドピース
メンテナンスのための注油
標準回転数に満たないとき
本体の振動、高ノイズがあるとき
ベアリングが振動するとき
コネクションパイプからハンドピースを取り外す
タイプに合わせたノズルを選択し、潤滑油の漏れが無いようにスプレー部分にしっかり取り付ける
ハンドピース 歯科用の後部又はエアー注入口にノズルをはめ、きれいな潤滑油が出てくるまで、ハンドピース内部に十分注油する




歯科用タービンハンドピースのの出力が弱い原因

歯科用タービンには力が足りないについては、以下のように、三つの原因があります。



1.気圧の問題。

メーカーの方も色々実験をしました。始めはフッドベルタを踏んで、ハンドピースはまた正常に振動します。でも何分間を経つと、振動も弱くなっていきます。それは気圧の問題です。その場合は、コンプレッサーのことをよくチェックしてください。コンプレッサーの稼働気圧は一般的に0.8MPaくらいで、調整器機械の稼働気圧は一般的に0.22~0.25MPaくらいです。



2.回路の問題。

4ホースのハンドピース 歯科 滅菌はほとんどホールの回路があります。もし回路が塞がれた場合も、ハンドピースのちからが少小さくなります。その場合は、ホールの回路をチェックください。



3.ハンドピース自身の問題。

チャックなどの変形により、チャックと他のパーツの摩擦によりハンドピースの出力が弱くなります。またの原因は、ハンドピース自身の腐食や摩損で、ハンドピースを壊します。例えば、化学液状でハンドピースをソークしたりして、内部パーツまで腐食させます。また、長い間洗浄や消毒及び滅菌などをせずに、続けて使用することにより、パーツの摩損がひどくなり、出力も弱くなります。摩損により、軸と外部の隙間が大きくなって、振動するときに生じるかいつは隙間から出てきて、出力になりません。

以上は、大体、ハンドピースの出力が弱い原因となります。もちろんほかにも、誘因などもありそうですが、今日は一応ここまでにしたいと思います。
次の編:歯科X線の安全問題
前の編:喫煙の変色なら禁煙により改善できますか